HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムのレビューしてみた!キットの特徴や気になる点も!

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダム レビュー アイキャッチ

本ページはプロモーションが含まれています

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムを購入しようか迷っているけど、キット内容はどうなのか気になりませんか?

果たしてHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムは、

  • この値段に見合っているのか
  • 初心者でも簡単に作ることが出来るのか

このようなことを購入前に知っておきたいですよね!

そこで、記事ではHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムを初心者の目線で分かりやすく徹底レビューをしていきます!

この記事を読むことでHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの特徴や気になる点が分かります!

とも

ぜひHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムを購入する際の参考にしてみてください!

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムとは

機動戦士ガンダム SEED FREEDOMに出てくるキラ・ヤマトが搭乗するモビルスーツです。

目次

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムのキット内容

はじめにキット内容を紹介していきます。

発売日2024年01月26日
価格2,640円(税込)
対象年齢8才以上

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの内容物

  • HG 1/144 ライジングフリーダムガンダム×1
  • ビームライフル×1
  • ビームサーベル×2
  • シールド×1
  • ビームシールド×1
  • エフェクトパーツ×1式
  • ハンドパーツ×1式
  • ジョイントパーツ×1
  • シール×1

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムのレビュー

続いて、組み立て後のレビューをしていきます。

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの評価

価格
作りやすさ
可動域
スタイル
ディテール

HG(ハイグレード)を基準に評価しています。
※あくまでも一個人の評価です
※「良◎→○→△→×悪」の順で評価しています。

映画『ガンダムSEED FREEDOM』からキット化されたHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムは、ストライクフリーダムの運用データとオーブの可変技術を組み合わせた設計が施された機体です。

機体はストライクフリーダムではなく、むしろフリーダムの特徴が色濃く残っています。

カラーリングもフリーダム系の特徴である白と青が中心で、関節の色はグレーで、これらの要素もフリーダムに近い印象を与えます。

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの製作において、最新のガンプラらしい進化が見られ、ポリキャップやABSは一切使用されず、全てKPSの関節が組み込まれているのです。

合わせ目においても、大半が段落ちモールド化やディテール化が施され、ほとんど目立たない仕上がりとなっています。

とも

武装はフリーダムに近く、さらにMA形態への変形ギミックも搭載され、遊びやすさを備えたキットとなっています!

特徴

ここではHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの特徴を紹介します。

各部位の可動域

頭部は、ストライクフリーダムに近いトサカやアンテナの形状を持っていますが、マスクにスリットがなく、特徴的な青いツインアイが目立ちます。

最新の分割技術で、頬ダクトが開かれ、マスクのライトグレーも精密に再現されています。

とも

ツインアイや正面のカメラにはクリアパーツが使われています!

胸部の赤色のパーツや脇部分のライトグレーが別パーツ化され、ダクト部分のフィンも密度感があり、シャープに仕上がっているのです。

肩アーマーは前後に分割され、基部は段落ちモールド化になっていますが、先端側に一部合わせ目があります。

前腕にはビームシールドを装備することが可能です。

左手のみ平手が用意されています。

スカート裏には特に裏打ちがなく、股関節は下にスライドする機能が備わっていて、可動範囲を広げることが可能です。

腰にはレールガンが収納されており、それぞれ広げて砲身を引き伸ばすと発射形態になります。

一部は段落ちモールド化されていますが、合わせ目が出る箇所もあります。

また、腰サイドにはビームサーベルのグリップを付けられます。

脚部はカッコいいシルエットで、尖ったつま先が特徴的です。

とも

細かいダクト内部などは塗装が必要ですが、青い部分などはしっかりと色分けされています!

ほとんどの合わせ目は段落ちモールド化されていますが、ふくらはぎの一部など、わずかに合わせ目が見られます。

変形の関係でふくらはぎにはウイングが収納されており、こちらの色分けはシールの使用で補えます。

足裏には裏打ちがあり、つま先もしっかり可動。

SEEDアクションシステム

可動範囲において、「SEEDアクションシステム」と名付けられた構造が採用されており、胴体周りは非常に柔軟に動く設計です。

肩は大胆に上げ、首や胴体も広く動かせます。

下半身も股関節のスライドなどが組み込まれているため、脚も大きく上がり、接地なども優れています。

とも

全体的に非常に動きやすい構造で、アクションポーズを取りやすくなっています!

MA形態への変形

MA形態への変形ギミックにおいて、まず頭部を上げて、背面の機首を起こします。

寝かせると以下のような形になります。

次に機首に収納されていたウイングを展開。

機首の両サイドにあった青いユニットは後ろ方向に移動させます。

とも

私はやり忘れてしまいましたが、上記の写真の青いユニットを移動させます!

そして、ふくらはぎのウイングを展開し、つま先を伸ばしましょう。

次に股にジョイントパーツを取り付け。

シールドブーメランとビームライフルを合体させ、シールドの赤い部分はスライドして展開します。

最後に合体させたライフルとシールドを先ほど股に付けたジョイントパーツに取り付ければ、MA形態が完成します。

変形ギミックとしては非常にシンプルで、ジョイントを取り付ける際にもスタンド穴が下方になっているため、スタンドを取り付ける際に脚が開いてしまうこともありませんでした。

とも

シンプルながらも機首が頭部を隠し、大きめな翼などから十分な航空機らしさを感じさせますね!

翼のギミック

バックパックは中央の機首に装着され、大きな翼が特徴的です。

翼には細い白ラインがあり、これは全てシールで再現され、機首に収納されているウイングや機首の両サイドにあるユニットの細かい色分けもシールで補完されます。

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの翼は、従来のフリーダム同様にスイングと回転が可能です。

根本のジョイントを引き伸ばすことで、翼を真後ろぐらいまで倒すことができます。

機首横のユニットもボールジョイントで接続されており、回転や角度調整が可能です。

翼部分は中央の小さいウイングが独立してスイングできる構造となっています。

もちろん、広げてハイマットモードにすることも可能です。

バックパックには「超高インパルス砲」が収納されており、角ばった砲身や先端の赤い部分も別パーツ化されています。

シンプルなモナカ割り構造であるが、分割線は段差モールド化されています。

武装

武器には、「ビームライフル」と「シールドブーメラン」が付属しています。

ビームライフルは角ばったデザインで、ストライクフリーダムのような連結ギミックがないシンプルな武器です。

ジャケット部分などは別パーツ化されていますが、青やグレー部分が不足しており、シールで補える形となります。

上側の持ち手のような部分はグレーで塗装が必要です。

砲口は別パーツ化されており、モナカ割り構造のため合わせ目があります。

グリップが可動するため、両手持ちも可能です。

また、腰裏にダボ穴があるので、ビームライフルのダボを差し込めば格納もできます。

シールドブーメランは腕のジョイントに取り付けるタイプで、接続基部がボールジョイントなので回転と若干の角度変更が可能です。

シールドはボリュームがあり、左右のユニットを展開し、エフェクトを取り付けることでブーメラン状態を再現できます。

ただし、3mm穴はないため、クリップなどを使用して保持する方式です。

ビームシールドは赤いパーツを外し、エフェクトを挟み込む方式を採用しています。

とも

偏光成形のパーツが使われており、独特の輝きが楽しめます!

ヴェルシーナ ビームサーベルは腰のグリップをそのまま手に持たせることができ、他のフリーダム系機体と同じく、ジョイントパーツなしで簡単に連結可能です。

気になる点

ここではHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの気になる点を紹介していきます。

色分け不足や合わせ目

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムの気になる点を強いてあげるなら、所々色分けが必要で合わせ目もあったことです。

もちろん、シールで補える部分もありますが、できない箇所もあるので、少し作業の手間が増えてしまいます。

とも

ただし、MA変形ギミックや可動域が勝るのであまり気になりません!

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムを組み立てた感想

今回はHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムのキット内容組み立てたレビュー特徴や気になる点を紹介していきました!

映画『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』に登場するライジングフリーダムガンダムは、ストライクフリーダムの要素を備えながらも、翼や腰のレールガンなどがフリーダムに似た印象を与えます。

ハイマットモードや馴染み深い装備もありつつ、新しい要素としてフラッシュエッジG-3シールドブーメランやMA形態への変形ギミックが加わっています。

可動性も従来のフリーダムを超え、特に胴体や肩周りは大胆な可動構造と様々なギミックで満ちており、作っても動かしても楽しいキットでした。

HG 1/144 ライジングフリーダムガンダムを見つけた際はぜひ購入して作ってみてはいかがでしょうか!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『ガンプラノートブログ』を運営する『とも』と申します。

ガンプラの楽しさを広めたいと思い、ガンプラを始めたばかりの方に向けて記事を投稿しています。

SNSでは『Melopla』として活動中です!

よろしくお願いいたします!

コメント

コメントする

目次