【作例】HG 1/144 ガンダムルブリスウルの完成レビューしてみた!

HG 1/144 ガンダムルブリスウル 作例 アイキャッチ画像

本ページはプロモーションが含まれています

今回製作したHG 1/144 ガンダムルブリスウルは、主に面出しなどの基本工作に加えて、細かな色分け塗装にこだわりシンプルに仕上げました!

この記事では、HG 1/144 ガンダムルブリスウルの改修点や変更点塗装レシピを詳しく紹介していきます。

とも

少しでも私の作例が参考になれば幸いです!

目次

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの改修・変更点

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの作業工程は以下の通りです。

  1. ゲート処理をしながら仮組み
  2. 改修点・色分けのチェック
  3. 肉抜きをパテ・プラ板で穴埋め
  4. 各パーツの表面処理(エッジ出し、C面処理、パーティングライン消しなど)
  5. 各パーツのモールドを掘り直し・ディテールアップ
  6. 改修後のチェック
  7. パーツの洗浄・乾燥
  8. エアブラシでサフ&オリジナルカラー塗装
  9. マスキングで色分け塗装
  10. スミ入れ・面相筆を使って細かな部分塗装
  11. 水転写デカール貼り付け
  12. トップコートを塗布
  13. 仕上げのディテールアップ
とも

ここから詳しい改修・変更点を紹介していきます!

改修点

ここから塗装前に施した主な改修点について紹介してきます。

肉抜きをパテやプラ板で穴埋め

まずHG 1/144 ガンダムルブリスウルのエポキシパテで肉抜きを穴埋めしたパーツは、

  • 脚部のフレーム部分
  • バックパックの接続パーツ

です。

とも

HG 1/144 ガンダムルブリスソーンのパーツもありますが、同時進行で進めていたのでお気になさらず…笑

そして、スカート裏の肉抜きは0.5mm厚のプラ板でディテールアップを施して埋めました。

スカート裏の穴埋めは、プラ板を真ん中と左右を分けて型取り、最後に接着しています。

その後、プラ板を貼ったりスジボリをしたりしてディテールを追加しています。

続いてHG 1/144 ガンダムルブリスウルの足裏の肉抜きは、シンプルにパーツの上に0.5mm厚のプラ板を貼って埋めました。

プラ板で貼り合わせた箇所に隙間ができたので、エポキシパテで埋めて整えています。

頭部のアンテナシャープ化

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの頭部のアンテナは、安全ピンをニッパーで切り落としてから、ヤスリで整えてシャープにしました。

とも

ニッパーで切り落とす際に右のアンテナが折れたのでプラ棒で修復しています笑

変更点

ここでは塗装や塗装後の変更点を紹介していきます。

細かな色分け

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの細かな色分け(オリジナリティを加えた箇所)は、

  • 脚部・サイドスカートの剥き出し部分をメタリックカラーで色分け
  • ビームガトリングのモーター?部分はゴールドで色分け
  • バーニアの内部はイエローで色分け
  • フェーズドアレイキャノンをフレームカラーで色分け

他は組立説明書の設定通り色分けを行いました。

シェルユニット等の発光

HG 1/144 ガンダムルブリスウルのシェルユニットとフェーズドアレイキャノンは蛍光レッドで色分け塗装したので、UVライトやブラックライトを当てると発光します。

とも

また、ツインアイや頭部センサー部分も緑に発光します!

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの塗装レシピ

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの塗装レシピは以下の通りです。

パーツの色使用した塗料
ホワイト部分下地サーフェイサーエヴォ(G)→EXホワイト90%(G)+ニュートラルグレーⅢ10%(G)
ブルー部分下地サーフェイサーエヴォ(G)→コンテナブルー90%(G)+ニュートラルグレーⅢ10%(G)
ゴールド部分
(ビームガトリング)
下地サーフェイサーエヴォブラック(G)→スターブライトゴールド(G)
シルバー部分スターブライトシルバー(G)
アイ(目)部分下地サーフェイサーエヴォブラック(G)→スターブライトシルバー(G)→蛍光イエローグリーン(G)
フレーム部分下地メカサフスーパーヘヴィー(G)
一部フレーム部分下地サーフェイサーエヴォブラック(G)→スターブライトアイアン(G)
トップコートつや消しスムースクリア50%(C)+セミグロスクリア50%(G)
クリアブラック部分EXクリア(G)
ビームサーベル蛍光ブルー(G)
シェルユニット下地サーフェイサーエヴォブラック(G)→スターブライトシルバー(G)→蛍光レッド(G)
モールド部分
(有彩色パーツ)
スミ入れブラック(T)
モールド部分
(無彩色パーツ)
スミ入れグレー80%(T)+スミ入れブラック20%(T)
細かい部分塗装
(エナメル塗料)
ブラック30%(T)+ニュートラルグレー70%(T)
下地ホワイト(T)+イエロー(T)
とも

表は横にスライドできます!

※エアブラシでの塗装はラッカー塗料、スミ入れ・部分塗装(大きめのモールド)はエナメル塗料で行っています。
※希釈率はすべて「塗料1:溶剤1」です。(撹拌具合によって溶剤の割合が多い場合があり)
※表に記載されている「少々」は数滴分です。
※塗料の割合は目分量で計っています。
※カッコ内はメーカー名の略(G):ガイアノーツ (C):クレオス (T):TAMIYA 

HG 1/144 ガンダムルブリスウルのギャラリー

素立ち

武器

ポージング

HG 1/144 ガンダムルブリスウルの完成レビューのまとめ

今回はHG 1/144 ガンダムルブリスウルの改修点や変更点塗装レシピを詳しく紹介していきました!

HG 1/144 ガンダムルブリスウル自体が既に完成されていて、パーツもシンプルな形状が多かったので、面出しやエッジ出しがしやすかったです!

シェルユニットもHGガンダムエアリアルのようなインモールド成形のパーツではなく、通常のパーツだったので塗装で簡単に発光表現することができました!

とも

ディテールや塗装レシピなど少しでも参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

『ガンプラノートブログ』を運営する『とも』と申します。

ガンプラの楽しさを広めたいと思い、ガンプラを始めたばかりの方に向けて記事を投稿しています。

SNSでは『Melopla』として活動中です!

よろしくお願いいたします!

コメント

コメントする

目次